« 2005年4月17日 - 2005年4月23日 | トップページ | 2005年5月1日 - 2005年5月7日 »

Jリーグ新人王

現実からちょっと目をそらし(…)、昨日友だちとの会話に出た新人王の話。すごく気が早いといえば早いんですが…。
そして他チーム事情をあまり知らないので、間違いや漏れなどあると思いますが、その辺はご容赦下さい。
あくまでガンバサポであるきしから見た視点ですので、これが絶対ではありません。っつか、関東圏のチーム事情はよく知らないし、あとガンバと対戦してないチーム・今年一度も観ていないチームに関しては全くわからない有様です(汗)。


私の中で、一番有力株が名古屋グランパスエイト24番の本田圭佑くん(MF)。
現在2位と好調の名古屋において、開幕からスタメン出場。その後もハードスケジュールを考慮してサブ出場があったものの、ほとんどスタメン出場を果たしている選手。アシストはもちろんのこと、昨日の試合ではついにゴールをあげた。(まだ見てないので、どんなゴールかわからないのですが…)
プレイではすでにチームの中心的選手。精神面でも新人離れしており、秋田などにも堂々と自分の意見を言う。大人しい(らしい)名古屋において、今までになかった存在。ちなみにサカダイの記事によると、高校生の練習生の頃から、声を出して引っ張っていたそうです。すごい練習生だ…!!
このまま順調にいけば、間違いなく候補にはあがるのではないでしょうか?

「本田くんが一番の候補ちゃう?」と言うと、FC東京サポの友だちから待ったの声があった。そんなFC東京サポが推すのはFC東京27番の栗澤僚一くん(MF)。
大卒1年目の選手。大学生の頃から特別強化指定選手として試合に出場。確かナビスコカップvs神戸戦(7月)で初ゴールをあげたハズ。(しかも私はそれを観戦していた)リーグ戦、ここまで全試合スタメン出場。ゴール数は1。
プレイはあまり見たことないのでよく知らないが、スピードあってがむしゃらに走る感じ。って、単にこれはFC東京のサッカーがこうだからかな?
世代別代表などに選ばれていないので、他サポからの認知度は低そうだが、これからの活躍によっては要チェック選手になる可能性も。

ジェフユナイテッド千葉からは次の2名。27番の水本裕貴くん(DF)、29番の水野晃樹くん(MF)。
水本くんとえいば去年のAYで私がGK以外で唯一認めたプレーヤー。(あとの選手は寺田はもちろんのこと、全然良いプレイなくてかなりガッカリさせられました。もちろん監督には一番ガッカリ…/笑)DF陣でまともに競り勝っていたのは彼だけだったかと。落ち着いたプレイも良かったです。
チームでも昨年後半からトップ出場することもしばしあり、今年に入ってはほぼスタメンの座を確保しつつある。尊敬するオシム監督に認めてもらえて本人かなり嬉しいのではないか…と勘ぐっている(笑)。
水野くんは実は全然知らない選手で、去年の2ndガンバ戦で初めて見た選手。右サイドの水野くんと左サイドのフタのマッチアップはその時はフタの勝利だったが、半年後の試合では2ゴール1アシストと水野くんの勝利…と、フタサポとしてはかなり悲しい結果に。
私の知る限り、U20に招集されたことはなかったが、チームで出場するようになってから合宿に呼ばれることが時々。ただ大熊監督の評価はあまり高くないようだが、オシム監督が起用しているので実力はあると思う。

FWを一人も挙げていないので、最後にFWを一人。サンフレッチェ広島24番の前田俊介くん(FW)。
昨年の高校生最強の栄冠・高円宮杯チャンピオンを手にした最強広島ユースのエース。去年はトップチームとユースの二足のわらじ生活でなかなか厳しい状況だったが、そんな中でもエースとしての役目をしっかり果たした。
今年はベガルタ仙台から佐藤寿人を獲得したことにより出場機会が去年より減ると思いきや、しっかりとスタメンの座を奪取。ゴールもきめ、アシストもきめ、しっかりと自分の役割を果たしている。FKも蹴っているし、これからの活躍がますます楽しみな選手の一人。
U20では左サイドをやらされることもあるそうだが、本人のインタビューコメントによるとあまり得意ではない様子。(FWが好きらしいので、FWやらせてやって下さい。ってか、これだけ得点能力高い選手をわざわざ下げる必要性はないのでは…)

他にもセレッソ大阪30番の前田和哉くん(DF)や名古屋グランパスエイト19番の杉本恵太くん(FW)なんかもこれからに注目??

と、ガンバサポなのにガンバの選手を一人も挙げてないのは寂しいので、あえて言うならこの選手!ってのをちょこっとピックアップ。

28番 MF 前田雅文くん。
関大からガンバ大阪に入団。開幕前のキャンプで監督の評価が高かったので、これは開幕スタベンくるやろ!と思っていたのに、何故かベンチ外…。リーグ2試合を終わった時点でW杯予選によりナビスコカップに。ナビスコカップで途中出場を果たし、その時の動きも悪くなかったので普通にリーグ戦でもベンチ入りすると思っていたら何故かいなーい!!なぜそこまで渡辺に固執するのかわけわからん…と誰もが思っていたと思うのだが、そしたらFC東京戦ではベンチ入り。そしてリーグデビュー!私的感想としては、めっちゃ悪くもなくめっちゃ良くもなく、でもちゃんと前に向かう姿勢を見せてくれた。
しばしFWで起用されることもあるが、本来は右サイドの選手。右サイドを走る姿は韋駄天。(って、どこかに書いてあったんです)走るスピードはもちろん、ボールがライン割った後のスローインにうつる時の動きもめっちゃ速い(笑)。
本人自筆プロフィールによると、得意なプレイは『ドリブル』なので、右サイドでボールを持った瞬間に前線に走る瞬間の速さとそのドリブルを注目してやって下さい。
ちょっとシュートがあまり上手くないイメージがあるんだけど、練習試合などではけっこう得点あげてるんですよね。大黒くんみたいな豪快なシュートではなく、グラウンダーの速いシュートを打つのが多いイメージ。(私の基準が大黒くんだからシュート上手くないように思うだけかも…/笑)

あとは14番MF家長昭博や20番MF寺田紳一あたりが候補といえば候補だけど、現状ではかなり厳しい?やっぱり新人王は大学生の方が有利なイメージがありますよね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ジェフ戦は痛い敗戦

今日はなんでか捻挫してるのに、長居まで行って来ました。ヨッシーは1失点したものの、可もなく不可もなく。ゴールキック、1回ミスってましたが…。

------------------------------------------------------
4月28日(木)JL8節 ●1-3 ジェフ千葉
かなりの強風が吹く中迎えた今日のジェフ千葉戦。ガンバは前半からボールを持つもジェフに中盤で奪われてサイドからのカウンターを仕掛けられてしまう。そして44分、そのカウンターから右、水野からのクロスで巻にヘディングを決められて先制を許し、1点を追う形に。ハーフタイムには「もっとシンプルに、スピードある攻撃を!」と監督。だが後半早々54分には水野に決められて2点目を許すと72分にはシュートのこぼれ球を押し込まれて3点目を与えてしまう。ガンバは74分に前田の折り返しを吉原が決めた1点のみ。ボールを持ってもチャンスは多く作れなかったガンバ。ジェフの運動量の多さから作られるスピードのある攻撃にガンバは痛い敗戦を喫した。
------------------------------------------------------

で、ガンバについては、見てないので何とも言えないのですが、また3失点。そして右サイドの水野くんが2ゴール1アシスト。数字だけ見ると、ガンバの左サイドがずいぶんと攻め込まれていた印象ですね。印象ではなくて、実際そのような可能性が高いんですが(汗)。明日の放送はGW明けじゃないと見れないと思うのですが、録画だけは忘れずにしていきたいです。

捻挫の具合を見てどうにかなりそうなので(何しろ今日サッカー観戦行ってるくらいだし)、GWはイタリアまで高飛びしてきます。30日〜5日まではここの更新、コメントの返信などできませんのでご了承下さい。
次の観戦予定は名古屋戦。井川、今日はベンチ外だったけど、万博で待ってますよ。それまでにガンバは少しでも順位を上げていて欲しいです。2試合あるから、勝ち点6取得ですよ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明日はジェフ戦です。

つい先日Fマリ戦があって、FC東京戦があって、私が捻挫したと思ったら(これは関係ない)、明日はジェフ戦。ジェフ戦が終わった後は、神戸戦、ジュビロ戦と連戦が続きます。4・5月は過密日程。これにU20は合宿があるし、6月に入るとWY、A代表においてはW杯予選、コンフェデと本当に過密な日程ですね。ユースはプリンスリーグやJクラブユースとあり、サテライトも5月は3週連続。おかげで5月のスケジュール帳はサッカー観戦の予定がいっぱいで、嬉しい悲鳴です(笑)。(でも捻挫の治りが悪かったら、観戦行けないかも/泣)

【J1:第8節 千葉 vs G大阪 プレビュー】不用意な失点をなくして連敗を止めたい千葉。G大阪の猛攻を抑えられるかがポイント。
ガンバもたいがい得点とるけど、失点多いなーと思っていたのですが、次の対戦相手のジェフはそれ以上だったんですね…。去年から選手の入れ替えが多いジェフなので、一体どんなチームになってるか未知の世界なのですが、FWの巻が得点とっているイメージが強いです。身長が高い選手ですよね。ガンバのDF陣は身長があまり高くないので、その辺をどう対応してくるか。セットプレイはシジ頼みになるのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ファンサカ7節

GK 櫛野 亮 4fp
DF 山口 智 4fp
DF 高木 和道 7fp
DF 水本 裕貴 5fp
MF 大黒 将志 18fp
MF 遠藤 保仁 12fp
MF 二川 孝広 14fp(キャプテン)
MF 家長 昭博 0fp
MF 本田 圭佑 5fp
FW 深井 正樹 7fp
FW 前田 俊介 2fp

計 78fp


うわー、一気にアップです!かなり嬉しいよ!!
やはりガンバが勝って、ファンサカも高得点になると嬉しいので、これからもガンバ選手をメインでやっていきたいです。(って、過半数は他チームの選手なんですが/汗)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップに続きサテも大量得点で勝利。

こんばんは、サッカーを見に行こうとして駅で階段を踏み外し捻挫をしてしまったアホです。(会社では何故か『サッカーをしていて捻挫になっているらしい…』)完全に治るのは1ヶ月くらいかなーとか言われて、かなり凹んでます。GWはイタリアに高飛びの予定だったのに…。とりあえず今の時点ではサポーター巻きながらも、根性で行くつもりではいてるのですが、前日の様子を見て最終判断かな。駅の階段踏み外して捻挫ってアホ過ぎる。

ちなみにその見に行こうと思った試合は、ガンバ大阪ユースが11-0で快勝。こんな素敵な試合を見れなかったことも悔しいです。(そして一番申し訳ないのは、友だちとの約束をキャンセルしてしまったこと…)

私が怪我で苦しんでる頃、万博では練習試合が行われていました。

------------------------------------------------------
4/24 TM ガンバ 7-1 関西学院大学
眠気さえも感じさせる春の陽気の中、13時キックオフ。
45分45分30分の変則3本マッチとなった。それでは、ゴールラッシュを。
1本目。日野、入江、丹羽、青木、児玉、家長、松下、渡辺、前田、松波、吉原。
1-0。12分、入江からのロングパスを松波が決める。
2-0。33分、オーバーラップした青木のセンタリングを吉原がニアでダイビングヘッド。
35分、渡辺→寺田。
3-0。37分、攻めあがった入江から中央で松波が奇麗なスルーパスを通し、吉原が流し込む。
3-1。44分マークのズレから、PKを決められて、1失点。
2本目。日野、小暮、丹羽、青木、児玉、家長、松下、寺田、岡本、中山、三木。18分、児玉→松岡。
4-1。24分、右サイド松下からのセンタリングを中山が頭で合わせる。
30分、日野→木村。
5-1。右サイド寺田のフリーキックを三木が倒れながら脚に当てる。
3本目。同メンバー。
6-1。17分中山から三木のダイビングヘッド。
20分、自ら得たPKを寺田が簡単にGKに止められる。
7-1。中央で松岡が見事なミドルシュート。
惜しくも、試合のメンバーから漏れた松下や、ケガから復帰した入江、中山など、トップの試合を虎視眈々と狙ってるメンバーのモチベーションが高く感じられた。
------------------------------------------------------

前日のトップの試合が5得点と思いきや、サテも大学生相手だけどしっかり7得点。ただやっぱり失点してるのね…と、この辺はがっくり。(試合自体見てないので、何とも言えないですが…)
メンバーを見て、入江さんの復帰に喜び!30分しか出てないので、まだ完全復帰ではないのかな?ゴンタロも先週のサテ戦では怪我でいなかったけど、すぐに戻って来ているみたいなのでたいしたこともなかったようで良かったです。得点もしてますしね!
寺田はPK、苦手なイメージありますよね。以前、PKの練習をしているのを見たことがあるのですが、やばいくらい外していたので…。AYでもなしになったけど1回外してたし。ヤットあたりに習って欲しいです(汗)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶりのリーグ戦勝利!

------------------------------------------------------
4月23日(土)JL7節 ガンバ爆発! 5-3 FC東京
迫力ある攻撃力を誇るチーム同士の対決となったVSFC東京戦。3月13日の鹿島戦以来となるGK松代とDF宮本の名前が並ぶスターティングメンバーで試合に臨んだガンバ。勝ち点3にこだわった戦いをみせたいガンバだが、立ち上がり2分、「あれはエアポケットに入ったような瞬間だった」と西野監督が評した通り、一瞬にしてFC東京・戸田にゴールを奪われてしまう。だが、そこからは両サイドの二川・橋本、そして遠藤も絡んでガンバのリズムを作り出し、そして前線のトライアングルが果敢にゴールに襲い掛かる。しかし、ここ最近の試合を思い出させるように、ガンバはなかなかその1点が取れない。そして迎えた後半、開始直後。橋本から山口へ繋がり、山口がシュート。相手GKのはじいたこぼれ球を相手DFがクリアするが、これがオウンゴールに。思わぬ形で同点としたガンバだったが、51分には石川にFKからのヘディングを決められ、また1点のリードを許す。だが、今日のガンバはここぞという時に頼れるエースが爆発的な活躍を魅せる。まず、失点直後の52分、遠藤からのスーパークロスを大黒がヘディングで叩き込むと、53分には、二川からの絶妙スルーパスを右足で決める。3-2としたのもつかの間、63分に石川からのクロスをルーカスにヘディングで決められ、また同点。点の取り合いになるが、大黒の勢いはまだ止まらない!65分、遠藤からの縦パスを右足でトラップ、体を回転させての左足シュートというスーパーゴールを決めた大黒はハットトリック達成。72分にはアラウージョが個人技から得点し今日初めての2点リードで、その勢いを後押しする。ガンバが得意とする形での5得点に大盛り上がりを見せた万博。エースの活躍で大量得点の爆発を生んだガンバ。欲しかった勝ち点3をものにし、ここから続く連戦に勢いをつけた。
------------------------------------------------------

1勝1敗4引き分けと、引き分け続きだったガンバ大阪、昨日はようやく勝利をおさめることができました!3失点というのは正直納得いってないけど、ようやく待望の勝点3がとれて良かったです。

FC東京には去年3連敗して(しかも全部生観戦してるや…)相性悪いわーと始まる前からちょっと気分が憂鬱で、そんなこと思ってたらいきなり失点。これで一気に気分がまた下降していたのですが、松代さんは試合後のコメントでこれでかえって開き直れたとあったのでさすがだなーっと。
失点後のその後の流れは悪く無かったですよね。大黒くんもけっこうシュート打っていたのに、相手GKが良かったってのもあり1点が遠い。ガンバも何度かヒヤヒヤする場面もあったけど、どっちかっていうとガンバペース。
そして後半開始直後、山口が前線に上がっていく?!山口があがるなんて思ってもなかったので、一瞬見間違いと思いきや、しっかりシュートまで打って。残念ながらこのシュートはGKにはばれたのでCKかな?と山口を見ている間に、オウンゴールで得点。かなりビックリした一瞬でした(笑)。
そしてここから始めるシーソーゲーム。取って取られて取りかえしての繰り返しで、見ていて「アホちゃうか」という気になってきました(汗)。だっていくら取ってもすぐ失点してたら世話ないですよ。普通3得点したら勝つもんだと思うんですが…。
それでも大黒くんのハットトリック達成のゴールとフタのアシストシーンにはかなり感動!フタは石川相手で守備にまわってる時間が本当に多くて、特に後半なんて存在忘れかけそうなくらいだったんだけど、このアシストシーンはすご過ぎです。セットプレ以後のこぼれ球を奪い、相手に囲まれながらもしっかりキープして大黒くんへの絶妙なスルーパス。ちょっとオフサイドくさい気もしたけど、Jスポーツで本並さんが「オフサイドじゃないですね」としっかり言ってたしオフサイドじゃないよ!(笑)あのスルーパスは本当に良かった。VDで何度も繰り替えし見てます(笑)。大黒くん自身の3得点目はスーパーゴール。海外のスーパーゴール集に入れても全然ひけとりませんよ。このゴールもまた何度も見返してます(笑)。もちろんアラウのゴールだって、大黒くんの他の2得点も、山口のシュートも良かったけど、これは今日最高のゴールでした。
勝利したものの3失点は気になります…。セットプレイからの失点シーンは石川が完全にフリーになってしまっていて…。何であんなに見事にフリーだったのか。Jスポーツによると、DFとGKどちらが対応するか合わなかったようなこと言ってましたが、ここ数試合スタメンから外れていた影響出たのかな?

前半に相手のセットプレイからオフサイドをしかけるシーンありましたよね。川崎戦でもあったんですが、最近のガンバの流行りなんでしょうか?(笑)今まで見たことなかったので、かなり驚きます。一瞬白のユニフォームの人しかいなくなるので…。でもきまると気持ちいいものですね!

フタ個人のことを少し書くと、今日は予想していた通り終止守備に追われる展開でしたね。でもその守備も正直あまり良くもなかった気が…(汗)。フタの左サイド起用にはかなり不満もあるのですが、現時点では左サイドにはフタしかいないのでどのポジションであろうと任されたからにはそこで良いプレイをみせて欲しいです。
本当は児玉くんが頑張って欲しいんですが、きついことを言うと人間頑張りだけじゃどうしようもないこともあるもんなぁ…。家長でもいいんだけど家長はこれからも代表で抜ける可能性高いから、やっぱり児玉くんが目をみはるような成長をしてくれるのが一番ですよね。


G大阪大黒、通算3度目のハット/J1
自画自賛までしているあの3ゴール目。海外のシュートシーンを見てるからと、普通は自分で打てないものと思うんですが(笑)。
本人は身体がかなりキレていると言っていますが、まさにその通りなんでしょうねー。このまま良い調子でいって欲しいです!

G大阪宮本、勝ち点3にホッ/J1
久しぶりに代表戦以外で見た恒さんのスタメン。ただ3失点はしているのですよね…。結局誰が出ても失点はするのかよー?!という感じでがっくりです。

G大阪新人MF前田、満足デビュー/J1
リーグ戦デビューですよ!前泊組に入っていると聞き、なぜか私が緊張していました(笑)。試合前の練習も前ちゃんにばかり目がいってしまい…。前ちゃん本人と同じく、緊張で前が見えない状態でした。…いや、前は見えてましたが(笑)心臓ドキドキ。
プレイの面に関しては、まだまだかなぁ…ということも多かったけど、しっかり前に走っていってる姿勢は良かったと思います。ただFWというより、どうしてもサイドのイメージが強いのは初めて見た関大vs関学戦でサイドだったからかな?Jスポーツで解説していた本並さんも「本来はサイドの選手で」「すごく速い選手」みたいなことを言ってました。本並さんは京産大の監督をやってはるので、同じ大学サッカーを見る機会も多かったのかな。
何にしてもリーグ戦デビューはおめでたいです!これからに期待です!!

前ちゃんについて語り過ぎです…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年4月17日 - 2005年4月23日 | トップページ | 2005年5月1日 - 2005年5月7日 »