« 2005年7月 | トップページ | 2005年10月 »

明日は鹿島戦

柏戦雑感を書こうと思っていたのですが、毎晩紙ふぶき作成していたら時間がなく…。その甲斐あって紙ふぶき5kgちょいできました!もう少し頑張ろうと思うのですが、果たして私はこれを持って行くことができるのか不安です。(腕力がめっちゃないので)

週末の試合は首位決戦ということで、かなり注目が集まってますね。こういう時こそ平常心で望まないといけないとわかっているのですが、自身も知らず知らずのうちにテンション上がってます!明日のことなのに、昨日あたりからずっとドキドキ緊張しています(笑)。平常心、平常心。

ここ数日の記事を自分メモにリンク貼っておきます↓
■19日
G大阪西野監督、首位決戦へ闘志
■20日
G大阪、絶対勝て!万博紙吹雪作戦
メディアにも取上げられてますね。これが宣伝効果になって、紙ふぶき作って来てくれる人が増えるといいですね。
記事には選手名コールの時となっていますが、実際は選手入場時を予定しているそうなのでご注意下さい。
■21日
G大阪、異例の緊急ロングミーティング
90分間のミーティングって長っ!一体何を話したのかわかりませんが、その効果が週末に現れるといいなー。
G大阪家長が体調不良で別メニュー
■22日
G大阪「鹿狩り三位一体」居残り練習
ここ最近の大黒くんの不調がかなり気になっていたのですが、監督も気にしてトップ3の居残り練習させたようですね。これをきっかけにまた調子を取り戻して欲しい。大黒くんのゴールが見たい。
G大阪西野監督、司令塔封鎖を発令
小笠原は敵ながら素晴らしい選手だけど、今年絶好調のハッシーに期待。去年の鹿島戦のハッシーがめちゃ良かったので、鹿島戦のハッシーには良いイメージあるし!
G大阪家長、全体練習に合流
■23日
G大阪宮本、初遅刻で周囲を和ませる
大一番直前に…G大阪家長またリタイア
かなり心配。無理はして欲しくないけど、この決戦には家長が必要だと思うので、なんとか回復して欲しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

恋愛バトン

BLUE CHARMのトミーさんからまわってきました。
折りたたみますので、以下興味ある方だけどうぞです~↓

続きを読む "恋愛バトン"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

鹿島戦に向けて紙ふぶきを作ろう!

昨日は柏まで行って来ました。今日は疲れているので、詳しいレポートなどはまた明日にゆっくり書きたいと思います。


その前に鹿島戦に向けての紙ふぶき作成のご協力願いなどを。私は万博ではSB席ですので、直接関係はないのですが(汗)。
鹿島戦でゴール裏で紙ふぶきをまこう!という企画が現在進行しています。その紙ふぶきが足りてないそうなので、協力してもらえると嬉しいとのことです。試合当日の朝10時からみんなで作成しよう!と集まりもあるので、お時間ある方は是非是非に。
詳しくはかにたまブログさんの方に書いてありますので、参考にして下さい。
紙ふぶきの作り方については、コチラコチラを参考にしてみるといいと思います。


私は鹿島戦自体の観戦が今現在では可能かわからない状態ですが、とりあえず観戦できると信じてコツコツ作っていきたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超攻撃的布陣で挑む柏戦

G大阪二川MF先発復帰、超攻撃的首位固め
フタのスタメン復帰は嬉しいのですが、右に二川、左に家長ってハッシー過労死コースですか?(笑)
この布陣は新潟戦でやって大敗してるわけですが、次はやってくれると信じてます!二人とも広島戦では大活躍だったし、後半を見る限り大崩れするとは思えないです。超攻撃的なガンバらしいサッカーを期待!
柏戦も参戦予定なので、今からかなり楽しみです。スタジアムも評判がいいので楽しみ♪

| | コメント (1) | トラックバック (2)

JOMOオールスター

10月に行われるJOMOオールスターに宮本、遠藤、大黒の3人が選出されました。

--------------------------------------
2005JOMOオールスターサッカー出場者決定!J-WESTキャプテンは今年も宮本選手!
本日、「2005JOMOオールスターサッカー出場者決定 記者会見」が東京都内にて行われました。ガンバ大阪からは、DF宮本恒靖選手、MF遠藤保仁選手、FW大黒将志選手、そしてコーチに西野監督が選出。最多得票のJ-WESTキャプテンは今年も宮本選手です!
JOMOオールスターサッカーは、10月9日(日)大分ビッグアイにて13時キックオフです。

◆宮本選手記者会見コメント
「たくさん投票していただいて本当にありがとうございます。ここ最近J-WESTは勝ってないので、ぜひ勝利を、と思っています。リーグ、ナビスコ、オールスター、そして選ばれれば代表と連戦が続く、今シーズンの中でも厳しい日程ですが、そんな中でもファンの期待に応えることが出来ればと思います。しっかりとしたコンディションを作って、どの試合も大事な試合だと思うので、100%の力がだせるように臨みたいと思います。」

■発表コメント
●西野監督【監督投票2位 J-WESTコーチ】
「たくさんのサポーターの皆さんに投票していただいたこと、とても光栄に思い感謝しています。オールスターサッカーには、オールスターならではの魅力があると思うので、その魅力を皆さんに楽しんで頂けたらと思います。スター選手の集う試合に相応しいゲームがお見せできるようサポートできればと思います。J-WESTにご声援よろしくお願いします。」
●DF宮本恒靖選手【DF部門1位 出場7回目】
「たくさんの投票をして頂き、ありがとうございます。今回はガンバユース時代から幾度となく訪れていた大分で開催されるということで、とても楽しみにしています。ぜひ、皆さんの前で素晴らしいプレーをお見せしたいですし、J-WESTの勝利に貢献できるように頑張りたいと思います。」
●MF遠藤保仁選手【MF部門3位 出場2回目】
「僕に投票してくれた、たくさんのサポーターの皆さん、ありがとうございます。見ている人も、そしてプレーしている僕らも楽しめるサッカーをしたいと思います。『MVP』を狙って、どんどん攻撃にも参加します。みんなで一緒に楽しみましょう!」
●FW大黒将志選手 【FW部門 1位 初出場】
「初めての選出、とてもうれしく思っています。オールスターサッカーという試合は何度も出場出来るものではないので、今回ファンの皆様からの投票による出場を非常に光栄に思います。この舞台で、得点を挙げて皆さんに喜んでもらえたらと思いますので、応援よろしくお願いします。」
--------------------------------------


この週はJリーグ戦こそないものの、ガンバはナビスコカップ、A代表は欧州遠征と試合が組まれています。そうなるとかなりの過密日程。
ガンバサポとしてはナビスコとJリーグは大事な試合だし、日本代表を応援する人は欧州遠征は大事な試合だし、オールスターはJリーグを応援する人にとっては年に一度の楽しみな大会…と、それぞれどれをとっても大事な試合には変わりないので、「そんなもの出るなよ」とも強く言えないのがツライところ。本音を言えば、リーグとナビスコに集中して欲しいんだけど。この代表の日程の組み方ってどうにかならないのか…。ナビスコ勝ち残ってるチームは招集見送りなどの措置をとって欲しいです。いつか取り返しの就かない大怪我でもするんじゃないかと心配です。
夏のHOT6、HOT5でかなり疲れていた印象だったのに、それ以上の過密日程は考えるだけでしんどいです。


宮本超過密日程、球宴後に東欧遠征
大黒、球宴初出場「得点挙げる」
JOMO公式サイト出場選手・監督発表

| | コメント (0) | トラックバック (1)

サテリーグ・神戸戦

--------------------------------
9月11日(日)SL最終戦 ●0-1 vs Vissel神戸
サテライト最終戦。ホームゲームに多くのサポーターの声援を受けた。
GK日野、DF入江、丹羽、小暮、MF松下、児玉、森岡、松岡、寺田、FW松波、吉原。
立ち上がりは、相手の気迫に圧倒され、自陣でミスを連発。深い位置でボールを奪われ前に進まない。
しかし、寺田の切れのあるドリブルなどから、徐々にペースを握る。
今日は度々あったセットプレーを児玉が全て競り勝つが、惜しくも枠に飛ばない。また数回あった吉原のボレーシュートも、枠に飛ばず。
33分そんななかカウンターからPKを与えてしまい、0-1。
後半、日野→木村。松波→三木。小暮→倉田y。
後半は、主導権をガンバが握る。
三木のポストプレーが随所に決まり、落としたところをガンバが拾う。
再三再四ゴール前に迫るが、後一歩及ばない。
71分、森岡→岡本y。
気迫を見せるイレブンだったが、13本放ったシュート全て相手GKが触ることは無かった。
サテライト公式戦は7勝2分3敗。他チームの試合消化が残るものの1位は濃厚。この成績に満足せずトップ先発を狙ってほしい。
--------------------------------


久しぶりのサテリーグ戦。優勝は決まっているはずだが(以前、公式の発表で優勝決定!とあったけど、あれは間違いだったのか?)、最後だししっかりと勝って欲しいと思っていたが、残念ながらの敗戦。
前半は神戸に押され、ほぼノーチャンス。得点のニオイが全く感じられず、神戸に攻め込まれる一方。どうにか耐えていたが、丹羽が相手を倒しPK。
その後も神戸は攻撃の手をゆるめることはなく、前半終了。
公式では後半はガンバが主導権握ってるとあるけど、そんな風には見えなかったです。ボール持っても何したいのか意図が読めてこなかった…。ミキティがこの中ではマシだったんだけど、あれだけ枠にシュートが飛ばないのもどうかと思う。公式によると、相手GKはガンバのシュートに対して、ボール触ってないんですね。それで得点入らなかったってことは全部枠外…。
サテリーグ最終節、すっかりしない試合展開で終わってしまい残念でした。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

二川孝広の復帰と共に青と黒の雑記も復帰します(笑)。

気がつけば丸々2ヶ月も更新してなかったんですね…。スミマセン。
観戦自体はかなり行っていたのですが、残業でほぼ週の半分は午前様帰宅で更新できる状態ではなかったです。9月に入り少し落ち着いた感じもするので、まったりとですが更新していきたいです。


昨日の広島戦は首位に立って初めての試合、広島には今年一度負けているとあって試合前から少し緊張していました。…と思っていたら、試合開始早々の失点。セットプレイだし、残り89分でガンバが無得点はありえないと思っていたので安心していたら、2得点目。しかしこれは敵ながら素晴らしいシュートでした。あれで入る方がすご過ぎ。敵じゃなかったら絶賛していたのに(笑)。
しかし今のガンバは2失点くらいでどうにかなるチームではなかったです。早い時間の2失点で意気消沈することもなく、失点直後にすぐにアラウが1点返す。DFに囲まれても物ともしない。本当にすご過ぎ。
そして2得点目は今日再三左サイドを崩していく家長が得たPKをヤットが相変わらずのやらしい蹴り方でしっかりと決める。ヤットのPK、本当に大好きです。PKでここまで相手に精神的ダメージを与えられるの選手ってそうそういないと思います。
気がつけば開始25分でゲームはあっさりとスタートに戻っていました。広島は幸先良く2得点決めたと思ったら、あっさり取り返されたことがショックだったのか、ここからはほぼガンバペースで進むゲーム展開。
前半の途中からフタがアップしていたので後半開始と同時に入ってくるかな?と思っていたら予想通り交代。この日をずっと待ってました!以前に生で見たのが7月の大阪ダービーだったので、1ヶ月半は生でフタのプレイを見てなかったんですよね。
フタが入るとパスが面白いように回るのがいいですね。アラウとフェルは自分でドリブルで持ち込んでいくタイプなので、どうしても前線でのパス数が少ないんですが、フタが入るとヤットとフタのパス回しで相手を崩していくという攻撃のパターンがもう一つ増えるのが魅力。
そして3得点目はフタから前線にいたヤットへの長いパス、そしてヤットのクロスをアラウがきめて逆転!フタのパスに、ヤットのクロスにアラウのヘディングシュートと3人で(もちろん他の選手もだけど)とった得点!って感じで好きです。個人で持ち込んでの得点もかっこいいと思うけど、やっぱり私はこういう流れの得点が好きです。
それからもガンバは攻めの手を緩めず、シュートを打つ。家長のバーにあたる惜しいシュート、フタが珍しくシュートを何本も打ったりと見ごたえがありました。
4得点目はフタがラインギリギリの角度のないところから、ゴール前のアラウへ。一応DFついていたのに、それを物ともせずしっかり決めてました。この4得点目のフタのアシストを見て、「あぁ、フタが帰って来たんだ」と安心しました。残りリーグ戦11試合、またフタの素晴らしいプレイを見せて欲しい。
序盤は本当にどうなることかと思ったけど、終わってみればいつもの結果。2試合連続完封だったので今日もそのような展開を予想していたけど、ガンバらしい撃ち合いになりました。失点はいただけないけど、最近「得点取れるからいいや~」というダメが考えが思い浮かぶようになってきました(笑)。

これでガンバは勝ち点47。得点60。失点39。得失点+21。
2位鹿島は今日の試合結果により、勝ち点43。得点42。失点27。得失点+15。
勝ち点も4と前節より開き、得失点差も上回った状態で、第23節を終了。
残り11試合、一歩一歩勝ち進みたいです。
(ちなみに得点50点台いってるチームは1チームありません。ガンバの得点は異常にぶっちぎってます。失点もけっこうぶっちぎってるけど/汗)


【J1:第23節】G大阪 vs 広島:小野剛監督(広島)記者会見コメント [ J's GOAL ]
【J1:第23節】G大阪 vs 広島:西野朗監督(G大阪)記者会見コメント [ J's GOAL ]
【J1:第23節】G大阪 vs 広島:試合終了後の各選手コメント [ J's GOAL ]
G大阪首位死守、アラ様3発/J1
G大阪二川、復帰戦で絶妙アシスト/J1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年7月 | トップページ | 2005年10月 »