« 13節東京ヴェルディ1969戦 | トップページ | 明日は柏レイソル戦 »

第14節広島戦

------------------------------------------------------
7月6日(水)JL14節 ○2-1サンフレッチェ広島
今日の敵はピッチという最悪の芝コンディションでの広島戦。広島のリーグ1堅守VSガンバのリーグ1の破壊力という試合だが、ガンバはボールの走らない芝で本来のスタイルを出せず悪戦苦闘を強いられる。0-0で迎えた後半開始直後、家長が中央ドリブルで上がり、右のフェルナンジーニョへ。フェルナンジーニョから中央のアラウージョへクロスが上がるとアウラウージョがヘディングで決めて先制!だが、65分にはPKで森崎(浩)に同点とされてしまうが、今日のガンバは同点で終わるつもりはない。勝ち点3だけを目標に、ゴール前に数的優位を作り、果敢に攻めに攻める!ガンバがボールを支配し、何度も得点チャンスを作り出して打ったシュートは後半で15本。そしてロスタイム、アラウージョが殊勲弾となるヘディングを叩き込み2-1で劇的勝利!ガンバは上を目指して、次へ行くしかない!次節は10日にホームで柏戦。
------------------------------------------------------

2、3位対戦。ここで勝たねばますます首位・鹿島との勝ち点差が開く大事な一戦。 本当にかなり行きたくて、今日の午前中もずっと「午後から早退しようかな」と考えていたのですが、どうしても仕事を抜けるわけにはいなくて、涙を呑んで大阪にいました。…そして行った先は長居第二で行われている総理大臣杯(笑)。ガンバユース出身の選手はスタメンに佐藤くん、途中交代で牧くん、野村くんが出場していました。また詳しくは別エントリで書きたいです。

で、それはさておき広島戦!アラウージョがまたしてもやってくれました!!!帰りの電車で祈るように携帯で速報をチェックしていたのですが、途中から混雑して全然つながらない。仕方なく友達にメールで聞いたら、ロスタイムにアラウージョがゴールきめてるじゃないですかー!!最後まであきらめなくて良かった。もちろんプレイしている選手たちも最後まであきらめなかったから、こういう結果に繋がったのだと思います。
試合はテレビのニュースでのゴールシーン、ガンバ公式サイトの速報しか見てないので、内容的はなものはわからないので、またテレビ放送をみてから書きたいです。速報によると、ガンバの選手がシュート打ってばかりだったんだけど、それだけ押していたってことなのでしょうかね。
そして個人的に気になったことは、フタとヤットのWボランチ。実はこれずっと見たいなーと思っていたのですが、フタがボランチに入る時はヤットが代表で抜けている時なので見る機会もなかったんですよね。でも今回はハッシーを右サイドにやり、フタとヤットのWボランチ!てっきりフタが右サイドにいくのかな?と思ったのですが、監督的にはフタを中で使いたいのかなー。確かに私もフタはサイドより中で使った方が生きると思います。ただハッシーもボランチの方がいいなーと思うので、この辺難しい問題ですよね。…しかしフタとヤットのボランチなんてすごく攻撃的(笑)。


【J1:第14節】広島 vs G大阪:西野朗監督(G大阪)記者会見コメント [ J's GOAL ]
【J1:第14節】広島 vs G大阪:小野剛監督(広島)記者会見コメント [ J's GOAL ]
【J1:第14節】広島 vs G大阪:試合終了後の各選手コメント [ J's GOAL ]

|

« 13節東京ヴェルディ1969戦 | トップページ | 明日は柏レイソル戦 »

コメント

遠藤ワンボランチで二川トップ下だったという説もありますね

投稿: ななし | 2005.07.07 15:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30546/4860253

この記事へのトラックバック一覧です: 第14節広島戦:

« 13節東京ヴェルディ1969戦 | トップページ | 明日は柏レイソル戦 »