« 今日はレッズ戦 | トップページ | サテ練習試合観戦 vsラランジャ京都 »

vs 浦和レッズ

昨日は結局長居まで足を運び、携帯の速報を気にしつつセレッソ大阪vs名古屋グランパスエイトの試合を観戦。
去年、私は名古屋を生で1回しか観てないんだけど(3月のナビスコカップガンバ戦)その時名古屋がすごく強かったので、そのイメージを持っていったらえらい違いでかなり驚きました。メンバーを入れ替えてきた後半はだいぶ良くなってきたものの、前半はひどかったです。審判の謎の判定でゴールなしにされたのは少々気の毒でしたが…。井川はベンチにもおらず、楽しみにしていた本田くんも特に良くもなく。
対するセレッソは前半は押せ押せムード。ただシュート外し過ぎな感じも(汗)。そして元ガンバのゴールキーパー・吉田が良かった!私が覚えているだけでも、決定機を3回は阻止していました!ずっとセレッソは失点が多かったので気になっていたけど、今日は完封で抑えられたし良かったです。

そんなわけで、レッズ戦は帰宅後に録画していたのを観ました。

------------------------------------------------------
4月9日JL第4節 1-1 浦和レッズ
Jリーグ第4節。初の埼玉スタジアム、真っ赤にスタンドが染まる中、浦和レッズとの一戦。スタートはレッズが主導権を握った展開で、エメルソン&田中のスピードコンビにゴールを狙われる。32分、浦和のCK。ショートコーナーを使って、田中、三都主と繋がり、中央、堀之内に入れたクロスを右足で決められ先制を許す。ガンバは、大黒に厳しいマークがつき、アラウージョも果敢にゴールに向かうが前半は得点を奪えず。ハーフタイム、「こんなサッカーをしにきたんじゃない。テンポを上げて行け!」と西野監督。後半は吉原を投入し、ボランチを遠藤のみとし、よりオフェンシブな戦いを仕掛けるガンバは開始からリズムよくボールを動かし、攻撃を仕掛ける。49分、左、フェルナンジーニョから遠藤へボールを預け、遠藤から絶妙なタイミングで前のアラウージョへスルーパスが出る。それを利き足ではない右足に切り替えてシュートを打ったアラウージョ。見事同点ゴールを決めて、長男誕生のゆりかごダンスを披露。その後もガンバがテンポよく攻撃を展開するが、浦和もテンションの高いサッカーを魅せる。両チームにチャンスがあり、どちらに追加点が入ってもおかしくない好ゲームを展開。結局、両チーム共に追加点は出ず、同点にて試合終了。勝ち点1を得たガンバの勝ち点は5となり、水曜日はホームで新潟を迎え撃つ。
------------------------------------------------------

現地観戦された方に前半はどうなることかと思ったけど、後半は良かったと聞いていたのですが、まさにそんな試合展開!前半と後半で1人メンバーを入れ替えただけで、こんなに変わるものなのですね。
個人的にかなり贔屓目に見ると、前半は右サイドに入っていたフタが三都主を気にして守備に貢献し過ぎていて攻撃にほとんどからめなかったのが悪かったのかな。もちろん守備を気にすることも必要なんですが、時にはリスクを追って攻めて行くことも必要だと思うんですよね。監督からの指示からかもしれないけど、フタがずるずると下がり過ぎて守備ばっかりするのは不満です。後半は対面する相手が変わり、だいぶ楽になったので、何度も左サイドからの攻撃ありましたね。けっこうな回数ドリブルで仕掛けていっていたような?
一方後半から右サイドに入ったハッシ−はあまり動きもなく…。クロスの精度も正確さを欠いて、ハッシ−の本職はやっぱりボランチなんだなぁと思いました。ただこの日は前半本職で入っていたボランチもあまり良くなかったですね。この前までの試合が良かっただけに残念。次の新潟戦ではまた本来の動きを取り戻してくれているといいなー。ただこれからどういうシステムでいくのかさっぱり想像つかないんですがね…。
大黒君は他選手からいいパスが回ってこなかったせいもあるかもしれないけど、レッズのマークに苦しんでいた印象が強いです。いつもなら上手くマークを外して、DFラインの裏に抜ける動きを何度も見せてくれるのですが、昨日はそれもなく。結局シュートも0本で終わってしまい残念。シュートの本数でデキの良さの全てが決まるわけじゃないけど、少なくとも1本もシュート打たなかったら得点がうまれるわけないですからね。
最後にヤットからフェルに絶妙のクロスがあげられ、それが惜しくもバーにあたってしまったのは本当に残念。他にも山口の惜しいシュートもあったし、あの中の1本でもあと数cmずれていたら入っていて、ガンバの勝利だったのになぁ。運に嫌われていたような試合。ただ後半だけ見れば流れ的には全然悪くないし、これからもこの調子で続けていけば勝てると思います。次からはしっかりと勝点3をとりつつ、好調を維持していって欲しいです。まだ4試合…とか思っていると、気がつけば終盤になってそうやし(汗)。

【J1:第4節】浦和 vs G大阪:西野朗監督(G大阪)記者会見コメント
恒さんがどこに入ったのかよくわからなかったのですが、そういうわけだったんですね。確かに間延びしてる感じでしたから。

【J1:第4節】浦和 vs G大阪:試合終了後の各選手コメント
恒さんのコメントにあるように、確かにあの時間帯になるとポジションがどうとかあまり関係ないですよね。…というか、私はサッカーのポジションとはあくまで基本形があって、試合展開によって自分達で変えていったりするのが面白いと思うんですよね。そりゃDFがいきなり最前線に張り付いてるのはマズイですが(汗)。時にはサイドの選手が中央突破したり、真ん中の選手とポジションチェンジしながら、パスを回していくとか大好きです。
大黒君はまさに私がさっき書いた通りのことを言ってますね。そりゃシュート打たないと得点入らないにきまってますね(笑)。大黒くんは特にシュートを打つことに対して意識を持っている選手なので、シュート0本は本人にとってかなり納得いかないことだったのじゃないかな。

禁じ手宮本ボランチでG大阪ドロー/J1
恒さんのボランチは禁じ手だったのですね。最後の奥の手ですね(何が違う)。
これから一体どんな風になるのか…。開幕の時は恒さんセンターバックで、シジがボランチだったんですが、正直シジのボランチが微妙だったからなぁ。シジがストッパーという選択肢はないのでしょうか?

G大阪アラウージョ長男誕生発奮弾/J1
自分の子どもを早く見たいだろうに「日本で頑張ります」と言ってくれたアラウは昨日も頑張ってくれました。自らゴール!利き足とは逆の右足で打つ機会が多いからと、ちゃんと練習しているあたりさすがです。できたら勝って勝利を祝いたかったけどなー、と本当に残念。
しかし清水時代のアラウは全然覚えてないのに、開幕からすっかりアラウの虜ですよ。あの変態ちっくなプレイたまりません!

|

« 今日はレッズ戦 | トップページ | サテ練習試合観戦 vsラランジャ京都 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30546/3643393

この記事へのトラックバック一覧です: vs 浦和レッズ:

» 4/9 浦和vsG大阪 試合レポート [sattiのサッカー・スポーツコラム 〜TAKE OFF TOGETHER NOW!〜]
4/9 浦和vsG大阪 埼玉スタジアム 16:03キックオフ        ★両チームスターティングメンバー★ ★試合内容(前半) ガンバのキックオフで開始。 2分−G大:右サイド二川のパスをフェルナンジーニョが持ち込むがDFク... [続きを読む]

受信: 2005.04.10 22:10

« 今日はレッズ戦 | トップページ | サテ練習試合観戦 vsラランジャ京都 »