« ジェフ戦は痛い敗戦 | トップページ | ガンバは何位? »

Jリーグ新人王

現実からちょっと目をそらし(…)、昨日友だちとの会話に出た新人王の話。すごく気が早いといえば早いんですが…。
そして他チーム事情をあまり知らないので、間違いや漏れなどあると思いますが、その辺はご容赦下さい。
あくまでガンバサポであるきしから見た視点ですので、これが絶対ではありません。っつか、関東圏のチーム事情はよく知らないし、あとガンバと対戦してないチーム・今年一度も観ていないチームに関しては全くわからない有様です(汗)。


私の中で、一番有力株が名古屋グランパスエイト24番の本田圭佑くん(MF)。
現在2位と好調の名古屋において、開幕からスタメン出場。その後もハードスケジュールを考慮してサブ出場があったものの、ほとんどスタメン出場を果たしている選手。アシストはもちろんのこと、昨日の試合ではついにゴールをあげた。(まだ見てないので、どんなゴールかわからないのですが…)
プレイではすでにチームの中心的選手。精神面でも新人離れしており、秋田などにも堂々と自分の意見を言う。大人しい(らしい)名古屋において、今までになかった存在。ちなみにサカダイの記事によると、高校生の練習生の頃から、声を出して引っ張っていたそうです。すごい練習生だ…!!
このまま順調にいけば、間違いなく候補にはあがるのではないでしょうか?

「本田くんが一番の候補ちゃう?」と言うと、FC東京サポの友だちから待ったの声があった。そんなFC東京サポが推すのはFC東京27番の栗澤僚一くん(MF)。
大卒1年目の選手。大学生の頃から特別強化指定選手として試合に出場。確かナビスコカップvs神戸戦(7月)で初ゴールをあげたハズ。(しかも私はそれを観戦していた)リーグ戦、ここまで全試合スタメン出場。ゴール数は1。
プレイはあまり見たことないのでよく知らないが、スピードあってがむしゃらに走る感じ。って、単にこれはFC東京のサッカーがこうだからかな?
世代別代表などに選ばれていないので、他サポからの認知度は低そうだが、これからの活躍によっては要チェック選手になる可能性も。

ジェフユナイテッド千葉からは次の2名。27番の水本裕貴くん(DF)、29番の水野晃樹くん(MF)。
水本くんとえいば去年のAYで私がGK以外で唯一認めたプレーヤー。(あとの選手は寺田はもちろんのこと、全然良いプレイなくてかなりガッカリさせられました。もちろん監督には一番ガッカリ…/笑)DF陣でまともに競り勝っていたのは彼だけだったかと。落ち着いたプレイも良かったです。
チームでも昨年後半からトップ出場することもしばしあり、今年に入ってはほぼスタメンの座を確保しつつある。尊敬するオシム監督に認めてもらえて本人かなり嬉しいのではないか…と勘ぐっている(笑)。
水野くんは実は全然知らない選手で、去年の2ndガンバ戦で初めて見た選手。右サイドの水野くんと左サイドのフタのマッチアップはその時はフタの勝利だったが、半年後の試合では2ゴール1アシストと水野くんの勝利…と、フタサポとしてはかなり悲しい結果に。
私の知る限り、U20に招集されたことはなかったが、チームで出場するようになってから合宿に呼ばれることが時々。ただ大熊監督の評価はあまり高くないようだが、オシム監督が起用しているので実力はあると思う。

FWを一人も挙げていないので、最後にFWを一人。サンフレッチェ広島24番の前田俊介くん(FW)。
昨年の高校生最強の栄冠・高円宮杯チャンピオンを手にした最強広島ユースのエース。去年はトップチームとユースの二足のわらじ生活でなかなか厳しい状況だったが、そんな中でもエースとしての役目をしっかり果たした。
今年はベガルタ仙台から佐藤寿人を獲得したことにより出場機会が去年より減ると思いきや、しっかりとスタメンの座を奪取。ゴールもきめ、アシストもきめ、しっかりと自分の役割を果たしている。FKも蹴っているし、これからの活躍がますます楽しみな選手の一人。
U20では左サイドをやらされることもあるそうだが、本人のインタビューコメントによるとあまり得意ではない様子。(FWが好きらしいので、FWやらせてやって下さい。ってか、これだけ得点能力高い選手をわざわざ下げる必要性はないのでは…)

他にもセレッソ大阪30番の前田和哉くん(DF)や名古屋グランパスエイト19番の杉本恵太くん(FW)なんかもこれからに注目??

と、ガンバサポなのにガンバの選手を一人も挙げてないのは寂しいので、あえて言うならこの選手!ってのをちょこっとピックアップ。

28番 MF 前田雅文くん。
関大からガンバ大阪に入団。開幕前のキャンプで監督の評価が高かったので、これは開幕スタベンくるやろ!と思っていたのに、何故かベンチ外…。リーグ2試合を終わった時点でW杯予選によりナビスコカップに。ナビスコカップで途中出場を果たし、その時の動きも悪くなかったので普通にリーグ戦でもベンチ入りすると思っていたら何故かいなーい!!なぜそこまで渡辺に固執するのかわけわからん…と誰もが思っていたと思うのだが、そしたらFC東京戦ではベンチ入り。そしてリーグデビュー!私的感想としては、めっちゃ悪くもなくめっちゃ良くもなく、でもちゃんと前に向かう姿勢を見せてくれた。
しばしFWで起用されることもあるが、本来は右サイドの選手。右サイドを走る姿は韋駄天。(って、どこかに書いてあったんです)走るスピードはもちろん、ボールがライン割った後のスローインにうつる時の動きもめっちゃ速い(笑)。
本人自筆プロフィールによると、得意なプレイは『ドリブル』なので、右サイドでボールを持った瞬間に前線に走る瞬間の速さとそのドリブルを注目してやって下さい。
ちょっとシュートがあまり上手くないイメージがあるんだけど、練習試合などではけっこう得点あげてるんですよね。大黒くんみたいな豪快なシュートではなく、グラウンダーの速いシュートを打つのが多いイメージ。(私の基準が大黒くんだからシュート上手くないように思うだけかも…/笑)

あとは14番MF家長昭博や20番MF寺田紳一あたりが候補といえば候補だけど、現状ではかなり厳しい?やっぱり新人王は大学生の方が有利なイメージがありますよね。

|

« ジェフ戦は痛い敗戦 | トップページ | ガンバは何位? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Jリーグ新人王:

» セレッソ大阪 [セレッソ大阪について]
セレッソ大阪セレッソ大阪は、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカーチーム。... [続きを読む]

受信: 2005.05.08 21:23

« ジェフ戦は痛い敗戦 | トップページ | ガンバは何位? »