« 2004年10月24日 - 2004年10月30日 | トップページ | 2004年11月7日 - 2004年11月13日 »

先々週に引き続き怒濤のサテ練習&リーグ戦&ユース戦観戦記 サテ練習見学偏

先々週に引き続いて今週もサテ&トップ&ユースとガンバな1日でした。来週から年内いっぱいは仕事が忙しくなりそうなのですが、これを励みに頑張れる!
一度にのアップは不可能なので、順々にレポなどを。


9時から練習開始とあったけど、ちょっと9時に練習場に到着するのは厳しそうだったので、少し遅れて9時半に到着。…すると、10時からに変更になったというお話。頑張ったのに…。遅れてきた私はともかくとして、9時から来ていらした方はご苦労様です。しかしいつも不思議に思うのですが、こんなに高頻度で練習時間変更するのって何でなのでしょうか?いわゆる9−17時のサラリー生活の私にはちょっと謎です。

練習開始時刻が遅れたため、丹羽が一番最初に出てくる姿を見られたのは良かったです(笑)。一人黙々とボールを使ってウォーミングアップ?引き続いて、岡本君、ミキティと出てきました。

練習はまず最初、2組に分かれていきなり手をつないで円を作り出す面々。一体何が始まるんだろう?と思っていたら、手を繋いだままでリフティングパス大会。次にヘディングパス大会。最初はその場で止まった状態でやっていたのですが、次に移動しながら手をつないでパス練習など。これ後ろ向きの選手すごいよな〜と思っていたのですが、試合で後ろ向きに走れなかったらヤバいですね(汗)。
それをしばらくした後、次はビブスをパンツの後ろにはさんで鬼ごっこ。ビブスとられた選手はどんどんと消えていく方式。丹羽がそうそうに消えていっていた…。そして1人ぽつんっと哀愁漂わせて体育座り。
次は鬼が2人の鳥かご。この鳥かごの鬼、何故か同じ選手とコーチがなることが多い!明らかにどんどんとへばっていくコーチ。これは選手たちのいじめでしょうか?(笑)鬼によくなる選手はミキティ、木村、矢野、岡本、日野あたり。本当に偏っていて、わんちゃん、青木君など鬼になるどころか、ボールにほとんど触ってなかった気がします。これまた選手間でのいじめでしょうか?(笑)日野と木村はGKなので、下手なのは納得もいきますが…。

今日はこのままこういう練習が続くのかな〜と思っていたのですが、今度はちゃんとクロス→シュートという流れの練習になりました。
まずコーチがボランチ(を想定してだと思います)にボールを出して、ボランチ2人で数回パス交換をし、サイドの選手にパス。サイドの選手は前に持っていき、中央のFWにクロスを上げ、FWがシュート!というもの。もちろんGKはいました。

1本目
ボランチ:わんちゃん、岡本君、FW:寺田、ミキティ。家長は左サイド、渡辺さん右サイドで、残りの選手は両サイドを交互に。
丹羽君の明後日の方向へ飛んでいくクロスを見た瞬間「おいっ!」と思わず言ってしまいました(汗)。もう少しクロスの精度上げて欲しいです。先々週、シュート練習で外しまくりだったミキティでしたが、何本か良いシュートあり!ちゃんとゴールも決めていました♪ミキティが初めてカッコ良く見えました(笑)。ボランチ2人のコンビネーションは3本の中で一番良さそう。
これが基本バージョンなのか、一番長い時間やっていました。
2本目
ボランチ:寺田、青木、FW:岡本、ミキティ。家長は左サイド、渡辺さん右サイドで、残りの選手は両サイドを交互に。
ボランチ2人が最悪でした。意思の疎通が全くできてなさそうで、パスが上手くつながってない(汗)。どちらが悪いなどの次元でなかったです。
3本目
ボランチ:矢野、青木、FW:寺田、ミキティ。家長は左サイド、渡辺さん右サイドで、残りの選手は両サイドを交互に。
始めたと思ったら、一瞬で終わってしまってよくわからなかったです…。

これが終わった後、クールダウンをして終了。明日が練習試合、キックオフまでの時間を考えてか1時間ちょっとと短かめの練習でした。

今日の居残り組は、岡本君、わんちゃん、GK木村君でシュート練習。わんちゃんは枠外に飛ばしがち。上に飛んでいくことが多かったです。(でもこれいつも…)逆に岡本君はGK大好きシュート!木村君の真正面にばかりいくので、当たり前ですがあっさり止められてしまっていました。コーチに指導を受け、しっかりそれに耳を傾けるわんちゃんと岡本君。わんちゃんは自分のプレイになかなか納得がいかない様子で「違う!」と小さく叫んでいたり。2人ともシュート威力は音や素人目で見る限りのスピードからあると思うので、期待しているので頼みますよ!ミドルがある選手がいると、相手DFもべた引きできないし、攻撃のバリエーションも増えて良いですから。
このシュート練習をしている時、コーチがゴールネットにビブスをくっつけていました。何回も位置を変えていたのですが、この位置にシュートする練習という目安だったのか気になるところ。ただ単に遊んでいただけという可能性もありですが…(笑)。

もう1組は、日野、ミキティ、丹羽、家長。日野君の素晴らしいゴールキックにヘッドでクリアやらする練習。丹羽はクリアで、ミキティは後ろに落とす練習だったのかな?2人ともボールを飛ばす方向が違った感じだったので…。
1人ずつ練習した後は、ミキティと丹羽が競り合ってゴールキックを受ける&クリアする練習。どっちかって言うと丹羽優勢。ミキティの悔しそうな声が聞こえてきました。頑張れ、ミキティ!
家長は少し一緒に練習していたのですが、見ている時間が圧倒的に多くて、最後には日野君のボールボーイになっていました(笑)。


小暮君と木場さんは別メニュー。後から出て来て、ウォーキング、ランニングをして帰って行きました。ボールには全く触ってなかったので、まだまだなのかなぁ。早く再び2人が、ピッチの上で走って、ボールを触っている姿を見たいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

万博に向かいます

J1新潟、松尾「被災者に元気を」
被災者への気持ちは痛いほどよくわかりますが、勝負となると別物!ここは非情にいかせていただきたい!頼むぜ、ガンバの皆さん!
松尾君が和歌山出身とは知りませんでした。そして何故かもっと年いっていると最近まで思ってました(笑)。

ではそろそろ出かける準備をしたいと思います。何か緊張してきたー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明日は新潟戦に行くJ!

一体いつのネタやねん?!という感じに古いネタなタイトルでこんばんは。
明日は仕事も落ち着いてるので、会社休んで万博スタジアムにレッツゴーです!さぁ募金するぞ!広島ユースだぞ!と、本命のガンバvs新潟戦以外にも色々ある明日の万博です。ちなみにユースはもちろんガンバユース応援!広島ユースは大好きだけど(やっと森脇君とゴリさん見られそうで嬉しい)、あくまでガンバサポなのでガンバと名の付くものならユースだって、ジュニアユースだって応援します。

これで年内の有休使用はおしまいかな?来月の天皇杯準決勝時は仕事が忙しそうなので、休めなさそうなので…<準決勝戦まで勝ち進むと信じてますから!

一応朝からサテ練習見学も行くつもりなので、簡単に記事クローズアップ。

【J1-2nd:第12節 G大阪 vs 新潟 プレビュー】優勝のためには負けられないG大阪。前節ドローの反省をどう活かすか?
どこまでも『勝負どころに弱い』と言われ続けているガンバ(汗)。
でもここ最近、この言葉に疑問を抱いてます。私もついついこの言葉使っちゃってますが、これって簡単に使い過ぎだよなぁと反省しています。ちょっと上手く言えないのですが、「とりあえずそう書いときゃ、みんながガンバが無冠なのに納得するやろ」って勢いで使ってる節があると思います。だから嫌いな言葉です。もっと理屈やら理論だてた末に、この言葉を使わないといけないと思う今日この頃です。(例えば『精神的支柱がいないから、大事な一戦にはみんなテンパってしまい勝てない』とか。私ら素人ならいざ知らず、それでお金もらっている記者さんには考え直して欲しい…。あくまで素人の意見に過ぎないのですが…)

2006FIFAワールドカップドイツ大会 アジア地区一次予選グループ3 対シンガポール戦 日本代表メンバーに宮本選手と遠藤選手
正直なところ素直に喜べないです。まだ優勝の望みが消えてないので、Fマリ戦の前に2人が抜けるのはキツいです。ヤットは「消化試合と思わず」と言ってますが、やっぱり私の中では消化試合なので…。これでもし怪我して帰って来られた日にはどうしたらいいの?!という気持ちでいっぱいです。ヤットも怪我明けだし、恒さんはまだ疲労がとれてない節もあるし…。

TV情報・・・関西テレビに宮本選手、大黒選手
放送当日にアップしないで(泣)。会社で見て弟にメールでVD録画を頼んだのですが、果たしてちゃんと録画してくれているかは未確認。

雑誌情報・・・「Footival」に吉原選手
2号続いてのガンバ大阪の選手の登場です♪このコーナーはお笑い度がよくわかるので、吉原が何と答えたのか楽しみ!大阪人なら受け狙いでよろしくね!(ジュビロの西が最高に面白かったです)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

怒濤のトップ・サテ・ユース観戦 今さら過ぎるユース観戦編

かなり今さら過ぎますが、このままアップしないのもどうかと思いアップです。あまりしっかり見てなかった上に、かなり時間がたっていて記憶がおぼろげに…。
怪しさ満点の上、今さら過ぎて恥ずかしいの折り畳みます。

続きを読む "怒濤のトップ・サテ・ユース観戦 今さら過ぎるユース観戦編"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気がつけば新潟戦まであと少し

ここ最近サッカーとは無縁な生活を送っていたなぁ…と思ったのですが、前の日曜日には市原戦テレビ観戦したばっかりでした。生観戦じゃなかったからそんな気がしたのかな…?(汗)

11月23日磐田戦を観戦予定のお客様へ

11月23日(祝)VS磐田戦バスツアーについて
ちょっと参加を考えていたのですが、締め切られちゃいました。やっぱり日帰り5000円コースというのは人気あるんですね。優勝争いしているからってのもあるかな?
場合によっては自分で参戦予定です!

新潟義援金チャリティーオークション終了。
寺田のキャプテンマークに悩みつつ、結局行ける保証がなかったので断念。
野次馬根性丸出しで申し訳ないですが、一体どんな結果だったのか気になるところです(笑)。

11月6日(土)VSアルビレックス新潟戦 14:03@万博!!
気がつけばもう明後日にせまっています。とりあえず行けそうな雰囲気ではあります。
募金のサポーター有志は知り合いのブロガーさんも参加される方がちらほらっ。私は募金しかできないですが影ながら応援したいと思います。
テレビ放送ってBSとNHKなんですね!NHKの方はスペシャルデーで地方によって違うとか。大阪に住んでて良かった〜って、どちらにしても現地に行くから関係ない気もしますが(笑)。

G大阪宮本、6日新潟戦ボランチで先発へ
一時はスタメン落ちも杞憂されていた恒さんですが、ボランチとして出場予定の模様。賛否両論ある恒さんボランチですが、私はわりと好きです。セレッソ大阪戦のサイド2人を生かす姿を見たせいかな?でも大分戦はあまり良くなかった印象が強いです。守備専になっていたので、目立たなかったせいもあるかもしれませんが…。

日本人得点トップのG大阪大黒20得点狙う
現在17得点。残り4試合。1試合1得点とれば20得点越えるわけですが、ここ最近マークが厳しくてなかなか得点に結びつかないことが多いです。でもどんな試合でも得点をとってチームを勝利に導いてこそ本当のエースだと思うので、大黒君には本当のエース目指して頑張って欲しい。フタからのキラーパス、しっかり決めて下さいよ!(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ほとんどの人が同じ気持ちで良かった

昨日のナビスコカップ、昨日は1日中出かけていたため今朝結果を知りました。
ガンバが負けた時点で私には関係ない大会になっていて、特にニュースなども見てなかったのですが(うちでは決勝戦まで中継見られないですし…)、正直めっちゃくちゃ悔しかったので雑誌の記事も全部スルーしていました。J's GOALを開けると出てくるポップアップウィンドウもうざ~い!!という感じな始末(汗)。(でもこれは最近Macに戻ったせいで、ネットが重くなったというのも有。MacってWinに比べて同じメモリでもネット速度遅いんですよ)こんなん思ってるの私だけ?…と思っていたのですが、今朝軽くAOQLO PEPOLE巡りした限り、ほとんどの方が「悔しい」と思っていたようで良かったです。やっぱりみんな思うことは一緒なのね!
悔しいと思えることは、それだけガンバの優勝を願っているということで悪いことではないと思います。逆に純粋に「おめでとう!」とだけ言ってしまえる人には「ガンバサポちゃうやろ!」と言いたい。(私が見たブログではそんな人いなかったですが)「おめでとう」と言いつつ、やっぱり「悔しい」という気持ちがあるもんちゃうかな~っと。
そんなことを出勤途中に考えながら、リーグ戦の逆転優勝と天皇杯優勝を願うガンバサポでした。(でも天皇杯は良い順位だと翌年不吉な感じになるな~/汗)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ユース引き分けですか…

10月31日にあった名古屋ユース戦、こちらによると引き分け!残すはあと2戦。そしてなぜか2戦とも広島戦。(どういう試合日程の組み方なんだ/汗)
決勝リーグに進むには、グループリーグ1位通過か、その他上位5チーム。ガンバユースは得失点がけっこう良いので、2位抜けし易いがここは安全に何としても1位通過をして欲しいところ。っつか、広島ユースに02年12月から勝ててないので、そろそろ勝って欲しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨日の市原戦を振り返って…

このままなかったことにしようかと思った昨日の試合の記事ですが、ガンバ系ブログとしてさすがにマズいと思うので簡単にニュースをば。

【J1-2nd:第11節】市原 vs G大阪:西野朗監督(G大阪)記者会見コメント
ほとんどのガンバサポが疑問に思った4バックでしたが、監督的には後悔はしてない様子。まぁ、そう単純に「全部自分の采配ミスです」と言ってしまう監督もそれで問題ですが、もう少しだけ頭を柔らかくして欲しいです。自分の非を認めるのは屈辱的なことではなく、勇気あることだと思います。って、本気であれで機能していたと思って、悔やんでないのかもしれませんが…(汗)。
お得意の「タフ」ですが、本当に両チームの選手はタフに戦っていたと思います。前半ダメダメだったガンバだけど、この試合に関しては誉めたいです。もちろんジェフの選手も。
最後の松波、中山投入の意図は読めたのですが、ただ終盤は森岡さんがあまり活躍もできず、ジェフの怒濤の攻撃にあってボールが中央に入るシーンもなかった。できれば大黒君でなく吉原と交代して欲しかった松波さんでした。

【J1-2nd:第11節】市原 vs G大阪:試合終了後の各選手コメント
私も注目していた水本君は吉原も注目していた様子。あまり吉原が目立ってなかったということは、水本君に抑えられていたのかな〜(汗)。
シジクレイは本当に良い選手です〜。恐いクリアミスがあったけど、その他の活躍をみればチャラです。


以下は本日の記事です。昨日は悔しいは悔しいけどそこまで悔しくなかったのですが、今日ニュースを見ていると悔しさが上昇。

ガンバは悔しいドローで首位・浦和がぜん有利に
2、3位対決ドロー 浦和10日にも優勝
G大阪痛み分け…市原にドロー J1第2S第11節
G大阪、市原の直接対決痛み分け/J1
恒さんはこんな時でも知性を伺わせる表現を…。本当にしっぽしか見えなくなっちゃいましたね。でもまだ見えてるわけですから!
まぁ実際問題のところ、かなり絶望的なんですがね…。でも最終的に1つでも上の順位で終わった方がいいことだし、そのためにも消化試合だと思わずに1試合1試合を大切に戦って欲しいです。

続きを読む "昨日の市原戦を振り返って…"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大黒&二川ホットラインでラジオ出演!

ってわけで、先ほどまで大黒&二川ホットライン出演の「突撃オフサイドトーク」聞いておりました。電波悪いからってベランダに敷物しいて(笑)。隣の家の方にばれてませんように!<多分ばれてます

フタは相変わらずフタでした。でも大黒君もそれほど中身があることを話せているとも思えなかったです(笑)。普通にフタに話し掛ける感じでしゃべっていたのですが、フタの返事がほとんどなかった気が?含み笑いみたいなのは聞こえたのですが。でもそれがらしくていいな〜っと!司会のお姉さんは困ったかもしれないですが、これでこそフタですから!
途中で恒さんからのメッセージがあったのですが、この二人の会話を聞いた後だと、いつも以上にしっかりしているなぁ…と思いました。

しかしフタは9年の付き合いになる大黒君からしても、謎な存在らしい。家にも入れてくれないとこぼしていました。(一体どのような部屋?/汗)で、仲の良い選手については絶対児玉君って答えますよね。ちょっと児玉君にジェラシーを感じちゃいますよ(笑)。

ゲームのコーナーになると、とたんに真剣になるフタ。しかし負けちゃった…。最初に大黒vsフタでゲームをして、勝者が司会の水野さんと決勝戦をするのですが、そこで水野さんに「二川さん、実況お願いします!」と頼まれていて「無理やわ…」とか大黒君かフタ自身かが言っていたのは幻聴でしょうか?確かに無理だし!(笑)

体脂肪率の話になったのですが「ガンバは体脂肪の低さとサッカーの上手さは関係ないチーム」とのこと。話の流れから言って、多分フタは体脂肪率高そうでした(笑)。あとサッカーの上手さと関係ないと聞いてまっ先に思い浮かんだのはヤットの顔。あのぷにぷにほっぺたを見ていると高めかな〜っと。

他の選手のこぼれ話としては、實好さんと山口とヤットが競馬大好きってこと。實好さんは知ってましたが、あと2人も好きとは意外。だから仲良しなのかな?

一応テープに録音したつもりなので、またあとでじっくり聴きたいと思います♪

| | コメント (0) | トラックバック (1)

前半ダメ、後半良しが最近の流行りらしいです

というわけで、今日の市原戦は前半に2得点とられたと思えば、後半に2得点とるというここ最近の前半ダメ、後半良しというパターンでした。

いきなり4バックで始まった前半。入江はストッパーとしてはまぁまぁだと思っていますが、サイドバックとしては疑問。そしてツネさんとシジクレイを並べるのはダメだと頑に拒んでいたのに、いきなり並べてる!…とガンバがダメだったというのもありますが、前半の市原のDFは厳しかったです。ガンバの選手がパスの出し手に困っている。ボールを受けてもなかなかパスを出せずに迷っていて、その隙に市原の選手にボールをとられたり、苦し紛れに出したパスは簡単にカットされる。右サイドに入っていた水野君という選手が良かったと思うのですが、いったい誰?!19歳ってことはまだ1、2年目ですよね。水本君といい、市原も良い若手選手いるな〜と思わず感心。それでもどうにか1失点で持ち堪えていた前半。このままどうにか前半終了させて、後半からはシステム変更と選手交代でお願いします…と思っていたら、ツネさんのオウンゴール…。DFのオウンゴールっていうのは一種の事故的なもので、仕方ないと思っているのですがこの試合ではやって欲しくなかったです。かなりがっくりと前半終了。

後半は3バックに戻してのスタート。そしたら、何か見違えるように良くなったんですが(笑)。前半のあれは何だったんだろう…。市原の選手が疲れのため運動量が落ちてきたってのもあったかもしれませんが、面白いようにガンバペースで試合が運んでいく。前半は坂本のマンマークに苦しんでいたフェルだったけど、後半になると抜きまくり!フタが何度も左サイドから中に入ったり、クロス上げたりしているのを見て、これは早い時間に得点ありそうだ…と思っていると、フタから右サイドにいたハッシーへクロス、それを中央にいたヤットに折り返してシュート!見事な形でした。2得点目はフェルアシストのフタゴール!大黒君あたりが得意そうな動きをフタがやっていました。フェルのパスも良かったし、フタの飛び出しも良かった!前半にも良いシュートあったし、今日のフタは得点をとるぞという姿勢が見られたと思います。
ガンバはその後も何度かチャンスを作るものの、結局得点ならず。最後に松波、中山の2人でパワープレイに持ち込もうとするが、最後は市原が怒濤の攻撃を見せてガンバは守備に必死でパワープレイにも持ち込めずでした。

これでガンバの優勝への道は大きく後退したけど(レッズ優勝への道を切り開いた2チーム…)、でも後半の戦いは良かった。両チームのサポじゃない人が見たら、良い内容だったんだと思う。引き分けたことはものすごく悔しいけど、でも納得のいく引き分け。(前半はどうかと思ったけど、でもあれは明らかにシステム変更の弊害だったかと/汗)
ただまだ優勝の望みは消えたわけじゃない。もしかしたらレッズの選手がいきなりケガ人続出したり、某F田さんが「負けないよ」と言ってくれたり、清水、名古屋、柏、広島が調子を上げてくるかもしれないですから!<どれも他力本願… ガンバはとにかく勝つしかないです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

死闘

今日のジェフ戦はもちろんのこと、私が現在置かれている状況もまさにそのもの。部屋の片づけを始めたものの、一向に終わる気配がなくこのままでは今夜眠れません(爆)<人間の三大欲求の一つですから! ゴミの山々との戦いはいつ終わるのか…。

スタメン発表も終わってますが、ざっとここ2日間の記事などを。

【J1-2nd:第11節 市原 vs G大阪 プレビュー】熾烈な戦いとなる2位争いの大一番は先制点が試合の流れを左右する 
書いてある通り、この1戦に勝つか負けるかで優勝争いへの道が続くか、終わるかです。私は自宅でテレビ観戦ですが、関東サポさんの多くが行かれる模様。どうか熱い応援お願いします!

G大阪、観客大動員作戦で逆転V狙う
まだワースト2位やったんや。1位が市原だったら、優勝争いと観客動員数はいかに関係ないか統計がとれそうですね。しかしノルマ100枚ってアホや…。私は人に何かを強制されるのが嫌いな性格なので、こういう風に強制することに嫌悪感を抱きます。こんな形で動員数を増やすってどうなんだろう…。 何かを好きになるとか応援するって、自発的にするものだと思うんですよね。
あくまで持論ですが、ガンバの動員数が少ないのはやっぱりスタジアムの立地に関係あると思います。たとえば関西に1チームしかなかったら、関西人の多くは自然と万博に足を運ぶようになると思います。でも現在J1、2あわせて4チーム。大阪にはアクセスがかなり良い長居スタジアムをホームとするセレッソもあるわけで、「1回サッカー見てみよっか!」と軽く思った人はほとんど長居に行きそう。1回行って興味を持ち始めたら、そのままセレッソサポになるだろうし…。ガンバに興味を持ってもらうには、あまり使いたくもないけどメディアの力が大切なのではないかと思います。
あとはやはり関西は野球が盛んなこと。かくいう我が家も野球一家です。こればっかりはどうしようもないかなぁ。連日の野球ニュースを見ているとウンザリッしてくるけど、別に野球という競技そのものは嫌いにはなれないですし。
…と、つらつらと語ってますが、特にこれといった解決策も思い浮かばないです(爆)。あえて言うなら応援番組を持つとか?関西限定・週に1回10分くらいでもいいので、けっこう効果ありそうな気がする。

G大阪が義援活動、J2京都らも手助け
各チームが動き出している様子。サンガは台風被災地への義援金も募るようです。台風の直後に地震があって、報道の目が一気に新潟に向かってしまいましたが、台風のことも忘れてはならないですよね。って、そういう私自身が忘れがちだったので反省しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年10月24日 - 2004年10月30日 | トップページ | 2004年11月7日 - 2004年11月13日 »