« 清水戦に向けて | トップページ | ガンバ戦のニュースが見つからない… »

松井大輔選手のフランス2部リーグ ル・マンについて思うこと

タイトルから察する通りガンバとは全く関係のない話なので折りたたみます。

尚、同じ関西チーム同士サンガもコッソリ応援していますが(結果はチェックさせてもらっています)、私はあくまでガンバサポです。そのためサンガの松井選手をそこまで知っているわけでもなく、彼がサポやチームにとってどのような選手であるか深くは知りません。そんな私が書くのはサンガサポさんにとっては失礼なのかもしれませんが、自分なりに愛着もあった選手なので書きたいと思って書くことにしました。もしサンガサポさんがこちらをご覧になっていたら賛否両論あると思いますが、そっと見過ごしてやってくださると嬉しいです。もちろん何か言いたいことありましたら、いつも通りコメントも受け付けています。

京都パープルサンガ、松井大輔選手のフランス2部リーグ ル・マンへの期限付移籍に合意
新聞で報道があってから、移籍決定まであっと言う間でした。欧州の移籍の期限が8月末なのでそうなったのでしょうが…。(稲本は…?/汗)

私にとっての松井君はまず五輪代表入りです。アジアカップでゴンタロが活躍しているのを見て、五輪代表にも何となく興味を持ち始めて、ファンタジスタという言葉に惹かれて(めっちゃベタですが弱いんですよ/笑)気がつけば昨年はサンガの試合にもかなり足を運んでいました。(最初は松井君と今は名古屋に行ってしまった某選手とを第一の目的に見に行っていたのですが、回数を重ねる毎にサンガの試合を見に行ってる感じでしたが…)
昨年はガンバも1stはあまり調子が良くなかったですが、サンガはそれ以上にやばくてかなりハラハラしながらいつも観戦していました。そんな中、五輪予選のミャンマー戦後に疲労をおして挑んだ仙台戦での勝利、鹿島戦での勝利、セレッソ戦の黒部さんのハットトリックと少しですが喜びもありました。そして2003年最終節。残留の最低条件は5得点以上差をつけての勝利。サンガはとにかく点数をとるしかなかったので、前半から前がかり。まぁその分相手にゴールを決めやすくさせちゃって、終わってみれば5-1と大差で敗戦。これでJ2降格が決定してしまいました。この最終節の対戦相手ってのは、何の運命のめぐり合わせかガンバだったのですが(汗)。しかも大黒君自信初の年間2桁ゴールやフタの(自分的)目標5得点達成試合でした。あ、当然ですが私はホーム側(ガンバ)で応援していました!
J2に降格したチームの主力選手は他チームに引き抜かれていくことがあるのですが、松井君は話があったのかはよく覚えてないのですがサンガに残留することになりました。

と、2003年の松井君についてはこれだけ語れるのですが、2004年においては見たのが2月の韓国戦だけで、正直自分の中で存在が希薄になっていました。やっぱりJ2は情報も少ないし、五輪代表もガンバから誰も選出されず、監督に対して不信感も出てきたりでめっきり見なくなってしまったし…。2月の韓国戦も実はあまり行きたくなかったのですが、後半は面白かったので良かったです!松井君大活躍でしたしね♪私の中のMOM。
話がそれましたが、そんなわけで松井君は自分の中で2003年とは少し違うスタンスになった2004年。だから海外移籍すると知った時、かなり動揺してしまった自分自身に動揺しました。始業前にネットサーフィンしていて記事を見つけ、即友達にメールで「29日西京極行きませんか?」という誘いのメールを出してしまいました。しかも面白いことに友達もすれ違いで全く同じ内容のメールを送ってくれていたという(笑)。その時は「あぁ移籍するんだ…」とわりと軽い気持ちで記事を読んでいたつもりだったのですが、時間がたつにつれて短いながらも見てきた松井君のプレイやトークを思い出してじんわりっ…と、きています。

実は私の日本代表のTシャツは松井君の10番です。(ごめん、ゴンタロ!!!)たった1度しか袖を通してないのですが、初めて買ったユニなので思い出深いものです。最後だし明日着て行こうと一瞬思ったのですが、明日見るのは代表の松井君ではなく、サンガの松井君なのでやめておきます。今年見る最初で最後のサンガの松井君。しっかり目に焼き付けて来ようと思います。新しい地での活躍を願います。


ここまではあくまで松井君ファンとしての言葉になりますが、サンガの現状を考えると色々複雑な心境です。松井君自身は「クラブ側から快く了承していただけたので感謝しています。」とコメントしていていますが、チーム的に無理矢理止めることができるわけないですもんね。J2は2位以下の数チームが団子状態で、1戦も落とせない状況です。そんな中「五輪からやっと帰ってきて戦力になると思ったら移籍かよ~!しっかりJ1に昇格させて行けよ!小野っ、余計なアドバイスするなよ!(最後のは八つ当たり)」みたいな感じ。別に松井君だけのせいでサンガのJ2降格があったわけではないですがね(汗)。そりゃぁ選手個人も大切ですが、チームサポっていうのはまずチームが一番だと思うので…。いくら代表に選出されて大活躍したとしても、チームでは全くの役立たずでは代表に選ばれなくてもチームに貢献してくれる選手の方が大切になります。去年のヤットがわりとこんな立場で、私はヤットに対してめちゃくちゃ怒っていた時期もありました。私はガンバでは特にフタと丹羽が好きですが、万一この2人が松井君の立場だったらかなり怒ると思います。もう2度とガンバのユニに袖通せると思うなよ!!!って勢いかも(笑)。
まぁ他サポの私がごちゃごちゃ言うのもお門違いかもしれませんが、松井君はこういうサポの気持ちもちゃんと理解していて欲しいと思います。あと松井君のみのファンっていう人も、チームのサポの気持ちも理解して欲しいと思います。


-------------------------------
思ったことをそのまま書き綴ったので、いつも以上に支離滅裂な文章でスミマセン。でもこの複雑な感じが今の私の気持ちです。何ヵ月後かにこの文章を読み返した時どんな風に思うかわからないですが、今はただ思ったことを書きました。

|

« 清水戦に向けて | トップページ | ガンバ戦のニュースが見つからない… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 松井大輔選手のフランス2部リーグ ル・マンについて思うこと:

« 清水戦に向けて | トップページ | ガンバ戦のニュースが見つからない… »